リーフパイ


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

リーフパイ

「 リーフパイ」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンE(58.33%:3.5mg)、次はn-6系脂肪酸(45.38%:3.63g)、そして、モリブデン(32%:8μg)、カロリー(28.3%:566kcal)、n-3系脂肪酸(23.75%:0.38g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆10%
更に分析 >>

リーフパイ


パフパイ(リーフパイ)は、小麦粉とバターの層を交互に重ねたものです。生地を薄くのばして切り取り、上部に砂糖やジャム、チーズなどを乗せたものには、こういったパフパイが幾つかあります。パイの膨張は、含有される水分によるもので、加熱からバターなどの油脂が溶解し、これが生地の中へ染み渡り、油脂部分に隙間が発生します。パイ生地から発生した水分や空気が膨らむことによって、この隙間は更に大きくなります。またα化するでん粉の影響もあり、全体的に膨らみます。パイ独特の薄い層は、これらの過程を踏んで冷え固まることで作られます。
リーフパイ
パルミエを含む別名:パフ