ロシアケーキ


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ロシアケーキ

「 ロシアケーキ」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンE(75%:4.5mg)、次はn-6系脂肪酸(36.5%:2.92g)、そして、カロリー(24.9%:498kcal)、(18.75%:0.15mg)、ナイアシン(14.17%:1.7mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆10%
更に分析 >>

ロシアケーキ


ロシアケーキはマカロンの風味が特徴のお菓子で、生地は小麦粉の薄力粉をはじめ、砂糖、鶏卵、香料、膨張剤、油脂などを原材料とします。名前にロシアの名がつきますが、これはロシアのお菓子のノウハウを継承した傾向が強いためで、もともとはロシアのお菓子というものではないようです。日本ではドライケーキやガトセックなどのことを言い、特に使われるナッツによって値段も異なってきます。通常はラッカセイやココナッツを使いますが、高値のものはマカダミアナッツやヘーゼルナッツ、アーモンドなどが用いられる傾向にあります。また、見た目の飾りつけも様々で、干し菓子であることから保存性にも優れます。
ロシアケーキ