さくらもち/関東風

sakura-mochi-kanto-1
  • sakura-mochi-kanto-1
  • sakura-mochi-kanto-2
  • sakura-mochi-kanto-3
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

桜もち・関東風

「 桜もち・関東風 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(14.44%)、次はカロリー(11.95%)、そして、銅(11.25%)、鉄(9.52%)、蛋白質(9%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

さくらもち


サクラの葉を塩漬けにしたものを餡の入った餅に巻いた菓子を桜餅(さくらもち)と言います。皮は餅種や小麦粉が用いられ、葉は大島桜が有名です。現在、関西風と関東風が知られており、前者はもち米を主体として作られています。後者は小麦粉を主体としたもので、これに砂糖やみじん粉を混ぜ合わせ、更に白玉粉の中に入れ、こねつけ、色を桜に見立てて着色されます。その後型に流して焼き上げ、冷ました後に餡を巻いて、その上から葉を巻いて仕上げとなります。
桜もち・関東風