ホイップクリーム(乳脂肪・植物性脂肪)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ホイップクリーム・乳脂肪・植物性脂肪

「 ホイップクリーム・乳脂肪・植物性脂肪」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(28%:7μg)、次はビタミンA(25.71%:180μg)、そして、カロリー(20.65%:413kcal【旧2010年版では100g:412kcal】)、リン(15%:120mg)、クロム(10%:1μg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

ホイップクリーム


ホイップクリームは牛乳を使ったものが多いのですが、乳脂肪の一部を植物油脂に変えたものもあります。製法は純物質を取り出すなど手を加えていないそのままの牛乳を加熱殺菌し、これを冷やすことによってクリームが上側に分離し、これを抽出するといったものです。昔からある方法ですが、現在では遠心分離機を使って作られます。また、植物性脂肪で乳脂肪の一部を置き換えたクリームはコンパウンドタイプと言います。ホイップクリームはコーヒに入れるとウインナコヒーと呼ばれ、現在ではコーヒーの一形態としても知られます。多くは砂糖を加えてお菓子の飾りつけに用いられ、特にケーキの糖衣として使われることが多いです。