まいたけ(ゆで)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

まいたけ・ゆで

「 まいたけ・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンD(107.27%)、次はビオチン(44.8%)、そして、食物繊維(23.89%)、銅(17.5%)、パントテン酸(15.75%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

まいたけ


舞茸(まいたけ)は、担子菌門トンビマイタケ科に分類される食用キノコの一つです。舞茸はシイタケなどと比べると害菌に弱く、人工栽培が難しかったとされます。しかし子実体を作りやすい種類の選択と原木殺菌後の育成法の確立によって、人工栽培が容易になりました。当時は原木栽培にて生産されましたが、より安価な菌床栽培によるものが普及し、現在に至ります。市場に広く流通している菌床栽培品は天然ものと比較すると食味が劣ります。しかし原木栽培されたものは、より天然ものに近い風味と歯切れの良さを持ちます。
まいたけ・ゆで