きくらげ(乾)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

きくらげ・乾

「 きくらげ・乾」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、8.35%含有し、167kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンD(1552.73%:85.4μg)、次は(335.24%:35.2mg)、そして、食物繊維(318.89%:57.4g)、クロム(270%:27μg)、マンガン(176.57%:6.18mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

きくらげ


世界各地に分布していて、主に北方の柳及び桑などの枯れ木に見られます。また、山岳地帯及び平地などに生息しています。木耳(きくらげ)は、耳のような形状をしていて、ゼラチン質から構成されています。名称も、耳のような形状をしていることに由来したものとなります。日本では、キクラゲの多くが台湾や中国より輸入されていて、一般にキクラゲと言われる名称で、市場へ出回っているものは、コクロキクラゲやアラゲキクラゲ、シロキクラゲなどの種類になります。キクラゲは単なる商品名であるため、出回っているのは、キクラゲ類を総称したものとなります。天然ものは、あまり流通しておらず、多くが菌床栽培による、おがくず培地を利用して育てられた栽培ものとなります。また、原木栽培による、栗の木や樽へ菌を移植して、育てられたものも流通しています。旬は、八月から十一月にかけてで、乾燥していて且つ艶が有り、形も大きいものが上質とされています。乾燥したキクラゲは極端に縮んでしまいますが、水に浸して戻すと、その大きさも原型に近いものとなります。調理する際は、これを用いて、炒め物やスープなどに利用し、多くは中華料理に使われているそうです。歯ごたえのある食感もキクラゲ独特のもので、一つの特徴となっています。栄養面では、食物繊維をはじめ、ミネラル類である鉄分やカリウムなどを含んでいます。尚、別名では木耳のことを「みみたけ」、「みみきのこ」と呼ばれることもあります。