ソフトタイプマーガリン(業務用)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ソフトタイプマーガリン・業務用

「 ソフトタイプマーガリン・業務用 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンE(253.33%)、次はビタミンD(203.64%)、そして、n-6系脂肪酸(101.63%)、n-3系脂肪酸(40%)、カロリー(38.9%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ソフトタイプマーガリン


マーガリンは植物性あるいは動物性油脂を原料とした加工食品を言います。元来マーガリンは値段の高いバターの代替品として作られたもので、開発当初は人造バターと言われていました。その後マーガリンに名称を変更し、今に至っています。日本農林規格によるとマーガリン類で油脂含有率が80%を超えるものはマーガリン、それ未満であればファットスプレッドと規定されています。かつてバターよりも植物由来のマーガリンのほうが健康面で良いとのイメージを持たれることも多かったのですが、近年ではマーガリンに含有されるトランス脂肪酸のリスクに関して問題視されることが多くなっているようです。
ソフトタイプマーガリン・業務用