マーガリン(家庭用)

  • margarine-soft-home-1
  • margarine-soft-home-2
  • margarine-100kcal
  • margarine-100g
  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ソフトタイプマーガリン・家庭用

「 ソフトタイプマーガリン・家庭用 」100g中のカロリーは769kcalで、食事摂取基準にもとづく含有率は、38.45%です。【旧2010年版では100g:758kcal】また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆6%
100g中の栄養価
順位栄養素含有率実際の含有量基準値過不足
1位ビタミンE255%15.3mg目安量6mg+9.3mg
2位ビタミンD203.64%11.2μg目安量5.5μg+5.7μg
3位n-6系脂肪酸147.63%11.81g目標量8g+3.81g
4位n-3系脂肪酸73.13%1.17g目標量1.6g-0.43g
5位カロリー38.45%769kcal普通2000kcal-1231kcal
更に分析 >>食事摂取基準

マーガリン


明治後期に日本では生産されだし、当時は人造バターと呼ばれていましたが、後にマーガリンへと名前が変更されるに至りました。マーガライトとはギリシア語で真珠を意味しますが、マーガリンを製造する上で真珠のごとく油脂の粒子が見えるところから、その名前が付けられたとされています。現在は何処の国でもマーガリンと言います。日本ではファットスプレッド、調製マーガリン、マーガリンと分類され、ファットスプレッドは、油分が75%未満と規定されています。調製マーガリンでは油分が75%以上80%未満のものを指し、マーガリンは、油分が80%以上と規定されています。原料とする油脂は、植物性のものが一般的となり、ナタネ油、パーム油、コーン油、大豆油がこれにあたります。他には牛脂や魚油が用いられることもあります。マーガリンはバターに変わるものとして考案されたもので、コレステロールが少なく、不飽和脂肪酸を多く含んでいます。一方バターは、飽和脂肪酸が多く含まれています。マーガリンは主原料が油脂となるため、酸化しやすいものとなります。また、高温下では溶けて乳化が壊されてしまうため、品質も低下してしまいます。
ソフトタイプマーガリン・家庭用