こんにゃく(板・生いも)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

板こんにゃく・生いもこんにゃく

「 板こんにゃく・生いもこんにゃく 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ヨウ素(71.54%)、次は食物繊維(16.67%)、そして、カルシウム(10.46%)、クロム(10%)、鉄(5.71%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

こんにゃく


板蒟蒻(いたこんにゃく)は四角く成型された板状の蒟蒻を言います。蒟蒻そのものは球茎を粉状にし、マンナン精粉と水を加えて練り混ぜ、更に石灰乳や炭酸ナトリウムなどを混ぜて煮沸し、それを固めて仕上げます。生のコンニャクイモで作る際は芋をすりおろすだけで、あとは同じような工程を踏んで仕上げます。広く普及している蒟蒻はひじきなどの海藻を細かくしたものを混ぜ合わせているため、黒っぽくなっています。板こんにゃくなどでよく見られる色調ですが、細長く切られた麺のような糸こんにゃくでも見られます。本来の蒟蒻は白灰色をしていますが、黒っぽいものが純粋なこんにゃくと誤解されている傾向もあるようです。
板こんにゃく・生いもこんにゃく