こんにゃく(板・精粉)

konnyaku-100g
  • konnyaku-100g
  • konnyaku-one
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

板こんにゃく・精粉こんにゃく

「 板こんにゃく・精粉こんにゃく 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(12.22%)、次はカルシウム(6.62%)、そして、鉄(3.81%)、銅(2.5%)、ビタミンB6(1.67%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

こんにゃく


日本で広く食用にされるようになったのは江戸時代からと考えられており、1700年以降において斬新な加工法が発案され、これによって広く普及することになりました。蒟蒻(こんにゃく)が日本へ渡来した経緯はハッキリしていませんが、仏教の普及と共に中国から渡来したとも言われています。コンニャクマンナンは、コンニャクの原料となるもので、多糖類の一つとなります。アルカリを混入させると弾力性のある固形物となり、水に溶かすと糊状の液体へ変化します。東南アジアが原産地とされおり、仏教の普及と共に中国から渡来したとされる説以外に縄文時代以降、イモ類に混じって渡来したという説もあります。コンニャクの主成分は、グルコマンナンと呼ばれる難消化性多糖類で、これは人間の体内では栄養素としての作用を持たない食物繊維となります。コンニャクの製造工程では、水を精粉に混入させ、これを不足なく練りこみ水酸化カルシウムを混入させます。すると、コンニャクは凝固しますので、ここで更に熱湯を加えてその凝固速度を早めます。製品化されたコンニャクで広く普及しているものでは、玉コンニャク、板コンニャク、糸こんにゃくといったものがあります。尚、こんにゃくには、整腸作用があるとされ、、体の中にはいると、ほとんど消化されず、腸まで運ばれます。腸にたどり着いたこんにゃくは、そこで腸内にたまった不要な老廃物やコレステロールをかき集めて、体外への排泄を促進します。これらのことから、コンニャクには生活習慣病である動脈硬化或いは大腸ガンといった病気の予防に役立つと考えられています。
板こんにゃく・精粉こんにゃく