さつまいも(蒸し切干)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

さつまいも・蒸し切干

「 さつまいも・蒸し切干 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、カリウム(49%)、次は銅(37.5%)、そして、ビタミンB6(34.17%)、パントテン酸(33.75%)、食物繊維(32.78%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

さつまいも


薩摩芋(さつまいも)は、ヒルガオ科サツマイモ属の植物もしくは塊根を指します。葉や茎も食用にされることもありますが、大抵芋の部分が使われます。サツマイモはデンプンが主成分をなしていますが、ビタミンCや食物繊維を多く含むことで知られています。また、さつまいものビタミンCは熱を加えても破壊されにくいという性質があります。このようにサツマイモの栄養価は評価されていますが、人間の体の組織を支えるためには米に比較すると不十分です。中でもタンパク質の欠乏が問題となっており、それらを補える食品があっても、多くの地域において米に代わってサツマイモが主食となることはなかったようです。これには保存性の悪さも一因しています。
さつまいも・蒸し切干
別名:かんしょ