さつまいも(塊根・皮つき・天ぷら)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

さつまいも・塊根・皮つき・天ぷら

「 さつまいも・塊根・皮つき・天ぷら 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンE(43.33%)、次はn-3系脂肪酸(30.63%)、そして、葉酸(23.75%)、ビタミンC(21%)、モリブデン(20%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

さつまいも


薩摩芋(サツマイモ)は、ヒルガオ科サツマイモ属の植物を指し、塊根を食用にします。サツマイモは暖地だと春に苗を植え、晩秋から秋にかけて収穫します。サツマイモは痩せた土地でも育つため、肥えた土地では肥料を与えなくても育ちます。逆に肥料を沢山与えることで葉や茎がよく育つと、根の見た目や味が悪くなり、品質低下を招きます。光合成は必要ですが、光合成で生成された養分が茎や葉にも無駄に浪費されるとその分、芋の収穫量が減少します。栽培は容易であり、葉のついたツルを植えて、発生した不定根が十分に育ったところで収穫します。
さつまいも・塊根・皮つき・天ぷら
別名:かんしょ