くずでん粉

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

くずでん粉

「 くずでん粉 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、鉄(19.05%)、次はカロリー(17.35%)、そして、カルシウム(2.77%)、銅(2.5%)、リン(1.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

くずでん粉


葛(くず)は、マメ科クズ属のつる性の多年草を言います。くずでん粉は、この植物が細胞内に貯蔵しているデンプン粒を取り出したものを言います。クズは古くから肥大した塊根に含まれるデンプンを取り出し、葛粉として用いられてきた経緯があります。秋からから冬にかけて掘り出したものを粉砕して洗浄し、精製します。葛切りや葛餅といった和菓子は、葛粉を加熱して溶解させ、凝固させたものです。半透明状の物質になり、和菓子や料理のとろみ付けに昔から使われてきました。また、湯にくず粉を溶解させたものは葛湯と言い、こちらも広く知られています。日本では根を食材として用いますが、漢方薬の材料になることもあります。
くずでん粉
別名:くず粉