ヤーコン(塊根・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ヤーコン・塊根・生

「 ヤーコン・塊根・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、カリウム(12%)、次は葉酸(10.42%)、そして、銅(8.75%)、ナイアシン(8.33%)、ビタミンB6(6.67%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ヤーコン


ヤーコンは、キク科スマランサス属に分類される多年草を言い、根が食用にされます。花はひまわりに類似し、黄色い色調を呈します。塊根タイプの貯蔵根を持ち、栄養生殖器官としての役割は持たないもののサツマイモと同様に大きくなります。養分をため込む根ではないため、これを植えても芽は育ちません。塊根を発生させる地下茎の芽と対にすることによって、発芽する際の養分を必要に応じて分け与える作用を有します。また、地下茎の芽は塊茎状に成長することから、地下茎の芽だけでも発芽することができます。根にはフラクトオリゴ糖が多く含有されており、甘みがあります。
ヤーコン・塊根・生