えびフライ(フライ用・冷凍)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

えびフライ・フライ用・冷凍

「 えびフライ・フライ用・冷凍 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、セレン(108%)、次はモリブデン(32%)、そして、蛋白質(20.4%)、鉄(14.29%)、ナトリウム(12.34%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

えびフライ


海老フライ(えびふらい)は、食用油を使ってエビを揚げた料理を言い、日本生まれの洋食料理です。西洋料理の魚フライと江戸料理の天ぷらが結びついて考案されたとする説などがありますが、明確な発祥は不明です。海老フライは一般にはウシ海老とも呼ばれるブラックタイガーを用いますが、高級店などでは車エビが用いられることがあります。更にイセエビや大正海老などを使うお店もあります。最近では海老フライの冷凍食品が多く出回っており、安価なバナメイエビを用いる例が多くなっています。カツと同じ手順で多量の油で揚げられ、キャベツをはじめ、トマトやキュウリなどを添えて提供されるケースがよく見られます。
えびフライ・フライ用・冷凍