あさつき(葉・ゆで)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

あさつき・葉・ゆで

「 あさつき・葉・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、葉酸(83.33%)、次はビタミンK(28.67%)、そして、ビタミンC(27%)、ビタミンB6(22.5%)、食物繊維(18.89%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

あさつき


浅葱(アサツキ)は、キジカクシ目ヒガンバナ科に分類される多年草を言います。名称は葱(ねぎ)より色が浅いことに由来しているとされ、野草の一つです。球根性の植物であり、チャイブの変種とされます。使われ方は一般の葱と似たようなものになっていますが、アサツキのほうが苦みや辛みがあります。チャイブに比較すると味や匂いに癖がないものの、若干辛みが強くなっています。アサツキは山野でも自生しており、冬の野菜の一つです。夏には葉が枯れ、休眠に入るため、栽培するには球根部を取り出して分球し、植え付けます。共栄植物としても利用されており、バラやニンジン、トマト、ナスなどがあげられます。これらと一緒に植えることで互いによい影響を及ぼします。
あさつき・葉・ゆで