アスパラガス(水煮缶詰)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

アスパラガス・水煮缶詰

「 アスパラガス・水煮缶詰 」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、1.1%含有し、22kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(12.7%:350mg)、次はビタミンC(11%:11mg)、そして、ナイアシン(10%:1.2mg)、食物繊維(9.44%:1.7g)、(8.75%:0.07mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

アスパラガス


アスパラガスは、キジカクシ目キジカクシ科クサスギカズラ属に分類される多年生草本植物を言います。アスパラガスは、一般にキジカクシに属する植物を総称する名称であり、キジカクシは、キジが隠れるほどに生い茂るところに因んでいます。もともと観葉植物としてオランダから江戸時代に持ち込まれ、食用として用いられるようになったのは明治時代以降のことです。その後、大正時代に入るとホワイトアスパラガスが栽培化され出し、当初は輸出用の缶詰に使われていたようです。昭和に入るとグリーンアスパラガスも流通し出し、現在ではミニアスパラガスなども含めて市場へ出回っています。
アスパラガス・水煮缶詰