アスパラガス(若茎・ゆで)

asparagus-boiled-1
  • asparagus-boiled-1
  • asparagus-boiled-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

アスパラガス・若茎・ゆで

「 アスパラガス・若茎・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、葉酸(75%)、次はビタミンK(30.67%)、そして、ビタミンE(26.67%)、銅(16.25%)、ビタミンC(16%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

アスパラガス


アスパラガスは被子植物の単子葉植物に分類される多年生草本で、地中海東部を原産地としています。ホワイトとグリーンの違いは、土寄せによる軟白栽培をしているかどうかであり、ホワイトアスパラガスは、この軟白栽培によって生産されたものを指します。最近では、アントシアニンを多く含有する紫色を呈するタイプも見られますが、こちらは熱を加えることで緑に変色してしまいます。シュパーゲルとはドイツやオーストリアなどでの呼称で、通常、バターやソースをアスパラガスにかけて食されています。日本でも炒めたり茹でたりして調理され、サラダなどに使われます。茹でる際は皮を剥きますが、剥いた皮を一緒に茹でると、味や香りが良くなります。
アスパラガス・若茎・ゆで