オクラ(果実・ゆで)

okra-boiled-1
  • okra-boiled-1
  • okra-boiled-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

オクラ・果実・ゆで

「 オクラ・果実・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンK(50%)、次は葉酸(45.83%)、そして、食物繊維(28.89%)、ビタミンE(20%)、マグネシウム(17.59%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

オクラ


秋葵(オクラ)は、アオイ科トロロアオイ属に分類される植物、若しくはその果実を指します。一般に若い果実が食用とされ、熟成すると繊維が太くなるため、食べにくくなります。また、日本では冬越しが出来ないことから一年草ですが、熱帯地域では多年草です。これは霜で枯れてしまうためで、寒さに耐性が無いためです。原産地はアフリカ北東部とされ、短期間で一メートル前後に生長するのが特徴です。エジプトでは紀元前元年には栽培されていたと考えられており、日本へ伝わったのは明治に入ったころと言われています。含有される成分には、ペクチンやガラクタン、アラピンといった食物繊維があり、これらがオクラ特有の粘りを引き出しています。
オクラ・果実・ゆで