かぶ(塩漬・根・皮つき)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

かぶ・塩漬・根・皮つき

「 かぶ・塩漬・根・皮つき 」100g中のカロリーは23kcalで、食事摂取基準にもとづく含有率は、1.15%です。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆5%
100g中の栄養価
順位栄養素含有率実際の含有量基準値過不足
1位ナトリウム39.91%1100mg目標量2756mg-1656mg
2位葉酸20%48μg推奨量240μg-192μg
3位ビタミンC19%19mg推奨量100mg-81mg
4位カリウム15.5%310mg目安量2000mg-1690mg
5位食物繊維10.56%1.9g目標量18g-16.1g
更に分析 >>食事摂取基準

かぶ


蕪(カブ)は、アブラナ目アブラナ科の植物で、アフガニスタン原産のアジア系と中近東から地中海沿岸に渡る地域を原産とするヨーロッパ系の二つに分類されます。食用にされるのは肥大した胚軸で、漬物に使われる日野菜や薬味に用いられる遠野蕪などでは、この胚軸が伸長し大根のようになっています。含有される養分も大根のそれに似ており、葉にはカロテンやビタミンC、食物繊維などが多くなっています。アブラナ科特有の苦みは大根に比べると弱くなっており、一方甘味はアブラナ科の中でも強くなっています。特に寒くなるほど甘みが強くなると言われています。
かぶ・塩漬・根・皮つき
別名:かぶら、すずな