日本かぼちゃ(果実・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

日本かぼちゃ・果実・生

「 日本かぼちゃ・果実・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、葉酸(33.33%)、次はビタミンE(30%)、そして、カリウム(20%)、ビタミンK(17.33%)、ビタミンC(16%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

日本かぼちゃ


南瓜(カボチャ)は、ウリ科カボチャ属に分類される植物を総称したもので、多くはその果実を意味します。栽培されている種類では、セイヨウカボチャ、二ホンカボチャ、ペポカボチャなどがあり、日本かぼちゃは、黒皮南瓜や鹿ケ谷南瓜(ししがたにかぼちゃ)などが知られます。特に鹿ケ谷南瓜は京野菜の伝統的な野菜の一つとして数えられ、ヒョウタンによく似た形状をしています。また、成熟に伴って深緑からオレンジ色へと変化するのも特徴です。黒皮南瓜はちりめんカボチャとも言われ、煮物に用いられる傾向にありますが、あまり出回っていません。
日本かぼちゃ・果実・生
別名:とうなす、ぼうぶら、なんきん