日本かぼちゃ(果実・ゆで)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

日本かぼちゃ・果実・ゆで

「 日本かぼちゃ・果実・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンE(36.67%)、次は葉酸(31.25%)、そして、カリウム(24%)、食物繊維(20%)、ビタミンK(18%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

日本かぼちゃ


日本南瓜(二ホンカボチャ)は、ウリ科カボチャ属に分類される植物で、多くはその果実のことを言います。黒皮や鹿ケ谷のほか、菊座なども知られます。菊座は若干小さくなっており、名称はこのカボチャの輪切り状態の外観に由来します。食材を詰めるなどして蒸し料理に使われることもあります。日本南瓜は西洋カボチャに比較すると甘味は弱く、水分も多くなっています。煮物に適しており、西洋ものに比べるとデコボコした表面になっています。また、全体として日本カボチャの流通量は、少ないようです。尚、黒皮は水分が多く、煮物などに利用され、鹿ケ谷はヒョウタン形状の外観が特徴です。栄養価に優れ、果皮は柔らかくなっています。
日本かぼちゃ・果実・ゆで
別名:とうなす、ぼうぶら、なんきん