きゅうり(漬物・ぬかみそ漬)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

きゅうり・ぬかみそ漬

「 きゅうり・ぬかみそ漬 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(76.23%)、次はビタミンK(73.33%)、そして、カリウム(30.5%)、モリブデン(28%)、ビタミンB1(23.64%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

きゅうり


胡瓜(キュウリ)は、ウリ科に属するつる性植物のことで一年草です。一般に普及している品種は白イボ系と呼ばれるもので、市場で流通しているものは、このタイプがほとんどです。薄い皮が特徴で、歯切れがよくなっています。これに対し黒イボ系は皮が厚くなっており、現在では一部の地域で栽培されているのみとなります。春に収穫する種類であり、夏の白イボ系に比較すると味が優れません。他に、奈良県特産の大和三尺(やまとさんじゃく)や東京都杉並区で栽培されている高井戸節成胡瓜(たかいどふしなりきゅうり)、長崎県の佐久古太きゅうり(さくこだいきゅうり)などがあります。
きゅうり・ぬかみそ漬