きゅうり(漬物・塩漬)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

きゅうり・塩漬

「 きゅうり・塩漬 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(36.3%)、次はビタミンK(30.67%)、そして、葉酸(11.67%)、ビタミンC(11%)、カリウム(11%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

きゅうり


胡瓜(キュウリ)は、ウリ科に分類されるつる性一年草の植物、或いはその果実を言います。完熟すると黄色く変色しますが、この場合甘みが薄くなります。そのため、緑色を呈する未熟な実を食用としています。古くは黄色い熟した実を食用としていた時期もあったようです。キュウリはその大半が生食可能で、歯ごたえのある食感が特徴です。その反面、栄養価は非常に低くなっています。温暖な気候で良く育ち、暑い地域では水分補給食品として利用されてきた経緯があります。紀元前の古代メソポタミアでも栽培されていたようで、その食用歴史は古いものと考えられています。
きゅうり・塩漬