コールラビ(球茎・ゆで)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

コールラビ・球茎・ゆで

「 コールラビ・球茎・ゆで」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準で評価した場合、1.05%含有し、21kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(37%:37mg)、次は葉酸(29.58%:71μg)、そして、食物繊維(12.78%:2.3g)、カリウム(10.5%:210mg)、ビタミンK(5.33%:8μg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆4%
更に分析 >>

コールラビ


コールラビは、アブラナ科の越年草を言い、丸く膨らんだ茎を食用にします。食感はキャベツににており、可食部は薄黄色になっています。カブカンランや球茎カンランとも呼ばれますが、ヤセイカンランはコールラビやキャベツの野生種であり、アブラナ科に分類される野草のことを言います。コールラビそのものにはいくつかの品種が存在し、特に黄色味を帯びた皮を持つものとムラサキっぽいタイプが知られます。いずれも内部は似たような色調を呈します。また飼育用に栽培される品種もあります。果肉部は柔らかくなっており、甘味があります。未熟な茎にはみずみずしさがあり、サクッとした食感が特徴になっています。
コールラビ・球茎・ゆで
別名:球茎かんらん、かぶかんらん