西洋かぼちゃ(果実・焼き)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

西洋かぼちゃ・果実・焼き

「 西洋かぼちゃ・果実・焼き 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンE(115%)、次はビタミンA(64.29%)、そして、ビタミンC(44%)、食物繊維(29.44%)、カリウム(28.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

西洋かぼちゃ


南瓜(カボチャ)はウリ科に分類される植物、或いはその果実を指します。栽培種は日本かぼちゃ、西洋かぼちゃを主体にペポカボチャも一部において栽培されています。日本かぼちゃは原産地を中央アメリカとし、日本へは戦国時代の終わりころに伝わったと考えられています。古くは夏の野菜として広範囲で栽培されていましたが、食生活の変遷とともに西洋カボチャにおされています。一方、この西洋カボチャは原産地を南米とし、日本へは幕末に伝わったとされます。涼しい環境を好み、ヨーロッパにおいて多くの品種分化が行われました。
西洋かぼちゃ・果実・焼き
別名:くりかぼちゃ