キャベツ(結球葉・油いため)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

キャベツ・結球葉・油いため

「 キャベツ・結球葉・油いため 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンK(80%)、次は葉酸(54.17%)、そして、ビタミンC(47%)、ビタミンE(18.33%)、ビタミンB6(12.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

キャベツ


キャベツはアブラナ科に分類される植物を言います。結球するものには、普通のものとチリメン、赤もしくは紫キャベツの三種があります。古くは、結球内部において自己軟白するものが良いとされていましたが、最近では黄緑色っぽく変色するものに人気があるようです。キャベツは品種改良と同時に栽培技術の工夫もされ、露地野菜の中では早くから周年栽培に対応しました。春播き栽培は暖地ではあまり見られず、冷涼もしくは高冷地で多くなっています。夏播き栽培は日本各地で実施されていますが、越冬栽培に関しては関東より北側では難しくなっています。
キャベツ・結球葉・油いため
別名:かんらん、たまな