菊(花びら・生)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

きく・花びら・生

「 きく・花びら・生 」100g中のカロリーは27kcalで、食事摂取基準にもとづく含有率は、1.35%です。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆8%
100g中の栄養価
順位栄養素含有率実際の含有量基準値過不足
1位ビタミンE76.67%4.6mg目安量6mg-1.4mg
2位葉酸30.42%73μg推奨量240μg-167μg
3位食物繊維18.89%3.4g目標量18g-14.6g
4位カリウム14%280mg目安量2000mg-1720mg
5位ビタミンC11%11mg推奨量100mg-89mg
更に分析 >>食事摂取基準


キクは、食用菊(しょくようぎく)と春菊(しゅんぎく)に分類されていて、それぞれ食用とする部位が異なります。食用菊では、花を食用にし、春菊では葉茎を食用にします。食用菊は、日本の在来種と中国から伝わったものが起源で、イエギクと言われる、もともと観賞用として生産されていたものです。そのため、食用菊としての品種の分化は乏しく、かつはは秋菊といわれる品種が主でした。現在では、夏菊からの選抜と共に、施設を利用して新品種開発や育成が行われています。岩手では阿房宮、秋田では湯沢菊、岩風、高砂といった品種があり、新潟では、もってのほか、或いはかきのもとと呼ばれる品種があります。産地は限定されたものとなり、つま菊を除外すると、日本では東北地方の山形県、青森県、秋田県などと新潟が国内生産のほぼ全てを占めています。菊は、秋から冬にかけて出回る野菜で、その香りと色彩も嗜好されます。利用法は、酢の物をはじめ、天ぷら、汁の実、和え物といったものに使われています。尚、つま菊は調理に用いられない品種ですが、市場では食用菊として取り扱われています。愛知県で多く生産されていて、主に刺身のつまに利用されています。また、現在の食用菊は、かつて栽培用として生産されていたイエギクから、甘味があり、芳香性豊かで、苦味をあまり含まない品種が選抜されています。
きく・花びら・生
別名:食用ぎく、料理ぎく