からし菜(葉・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

からしな・葉・生

「 からしな・葉・生 」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、1.3%含有し、26kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンK(173.33%:260μg)、次は葉酸(129.17%:310μg)、そして、ビタミンC(64%:64mg)、ビタミンE(50%:3mg)、ビタミンA(32.86%:230μg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

からし菜


カラシナ(芥子菜)は、アブラナとクロガラシの自然交雑種で日本へ伝わったのは九世紀頃と考えられています。西アジア、インド、北アフリカなどでは、香辛料や油料として用いていたことから、それらに関する品種文化が発達し、中国や東アジアなどでは野菜用として品種を分化させてきました。また、紀元前から中国においては油用とされるカラシナが普及しており、そのため野菜用カラシナ、タカナと分化していったと言われています。日本の古書では、九世紀頃から、加良之や多加菜などの文字が見られ、そこからカラシナが関東地方で発達し、タカナは関西より南側で進展して行くこととなりました。一般にカラシナ類は中型以下のものを指し、中型より大きいものはタカナ類と呼んでいます。尚、野菜用の品種では多肉性タカナ、葉カラシナ、根ガラシ、茎用タカナ、タカナ、雪里紅(せりほん)といったものがあります。このうち多肉性タカナは、明治以降に日本へ伝わった品種となります。カラシナに含有される成分で、シニグリンというものがありますが、これはカラシナ特有の辛味成分となります。利用法は、葉茎を煮物やお浸し、漬物などに用い、種子はからし粉に使われています。
からしな・葉・生
別名:葉がらし、菜がらし