空豆/ソラマメ

ソラマメの概要

ソラマメはおたふく豆とも言われ、未熟な豆は野菜として、完熟した豆は乾燥豆として食用にされます。ソラマメは、マメ科に属し、ナツマメとも呼ばれ、漢字では蚕豆とも書きます。原産地は北アフリカと言われていて、736年に中国を経由して日本へソラマメが渡来したと考えられています。ただ、文献に最初に記録されているのは、現在のところ十七世紀と言われています。利用法では、完熟した後、乾燥させた子実を用いるケースと野菜として未熟果を用いるケースがあり、小粒品種が使われるのは乾燥子実で、甘納豆をはじめ、煮豆、醤油豆、炒り豆、フライビーンといった加工品の原料としてソラマメが利用されます。野菜として用いられるものには、一寸空豆(いっすんそらまめ)或いは於多福(おたふく)と呼ばれる品種があります。

ソラマメ/期待される効能・効果

豆類は栄養価が高く、タンパク質、食物繊維、カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、リンなどを多く含みます。ソラマメもほぼ同様です。食物繊維は、発癌物質などの有害成分を排泄し、便秘を解消させるのに役立つと言われています。マグネシウムは骨の形成に必要な成分で、カロテンは抗酸化性を持つため、抗ガンに期待されている成分です。また、ビタミンEやビタミンCといった成分を多く含む食品と同時に摂取することで、カロテンが酸化から守られ、結果として体内で有効に活用されると考えられています。