茗荷/ミョウガ

ミョウガは香辛野菜の一つで、ショウガ科に属します。茗荷(ミョウガ)は数少ないと言われている日本原産の野菜で、主に東南アジア一帯の多年生草本です。地下茎は多肉質で、そこから花茎(かけい)を出し、地下部から地上部へ数センチの長さまで伸長すると、偏圧状をした花穂(かすい)をつけます。このミョウガの花穂は、左右二列に重複した沢山の包葉が存在し、内部には幾つかの花があります。これが食用にされるもので、花茗荷(はなみょうが)や茗荷の子と呼ばれています。また花茗荷が出る時期によって、早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)と分けられ、その他、夏茗荷や秋茗荷に分けられることもあります。六月から九月に掛けて花穂が出る早生品種のミョウガを夏茗荷といい、九月から十一月にかけて花穂が出る中生品種並びに晩生品種が秋茗荷となります。茗荷竹(みょうがたけ)は、地下茎から別に発生する茎葉を軟白徒長(なんぱくとちょう)したもので、この際、暗所において行われます。一般に茗荷竹は酢の物や汁の実といったものに利用されています。茗荷自体には、特有の辛味と芳香があり、和風料理の際の香辛野菜として用いられます。薬味や酢の物、天ぷらや、塩漬け、料理のつまといったものが代表的になります。

ミョウガ/期待される効能・効果

ミョウガの香りの成分は、α-ピネンと言われる成分で、食欲を増進させたり、血行をよくするのに役立ちます。ミョウガの栄養価では、特筆すべきものはありません。