青梗菜/チンゲンサイ

チンゲンサイは中国野菜の一種。アブラナ科に属し、あまり煮崩れをしません。歯切れもよく、淡白な味となっています。日本へは、中国から1970年代に伝わったと言われています。日本でのチンゲンサイの産地は、静岡県や長野県、埼玉県といった地域になります。調理では、浸し物や炒め物、或いはクリーム煮といったものにチンゲンサイが利用されています。

チンゲンサイ/期待される効能・効果

チンゲンサイには、カロテン、カルシウム、カリウム、ビタミンCなどが豊富に含まれています。カロテンは、ほうれんそうの半分ぐらいですが、緑黄色野菜の仲間ではチンゲンサイも多いほうとされます。カロテンには抗酸化性があり、抗ガンや老化防止に役立つと言われています。また、動物性の食品に含まれるレチノールとは異なり、体内で必要とされる分量だけビタミンAに変化します。抗癌性の他、皮膚や粘膜を健全に維持したり、夜盲症の改善に有効と言われています。過剰症を現すこともあり、特に妊娠中の過剰摂取には注意が必要となっています。カリウムは、体内の余分なナトリウムを排泄するため、高血圧症状の予防に役立つと考えられています。欠乏すると、筋無力症、筋力低下、或いは麻痺状態を引き起こすこともあります。ビタミンCは、コラーゲンの合成に必要な成分です。また、歯や軟骨、毛細血管などを健全に維持する働きがあると言われています。更にコレステロールの代謝の促進、鉄分の吸収率の亢進、ビタミンEの再利用といった働きもあるとされています。