沖縄豆腐

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

沖縄豆腐

「 沖縄豆腐 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、マンガン(26.57%)、次は銅(23.75%)、そして、マグネシウム(22.76%)、カルシウム(18.46%)、蛋白質(18.2%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

沖縄豆腐


沖縄豆腐(おきなわどうふ)は島豆腐(しまどうふ)とも呼ばれる沖縄の豆腐を指します。野菜や豆腐などを炒めたチャンプルーとして調理されたり、ゆし豆腐、みそ汁の具などにして食されます。また豆腐ようの原料や冷ややっこ、煮つけ、スクガラス豆腐などにして利用されます。古くは大豆からおからを取り出し、豆乳のみを煮たものも見られました。現在、大豆を乾燥させ、割って皮を除去し、吸水性を高め、加水しながら摩砕してペースト状にすると生絞りという製法でおからと豆乳を分離します。一般には挽いたペースト状の呉汁を煮てから絞りますが、沖縄では呉汁を絞ってから煮ます。尚、呉汁とは水に浸した大豆をすり潰し、ペースト状にしたものを言います。
沖縄豆腐
別名:島豆腐