大豆(黒・いり)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

黒大豆・いり

「 黒大豆・いり 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(960%)、次は銅(132.5%)、そして、クロム(120%)、葉酸(116.67%)、n-6系脂肪酸(112.13%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

大豆


煎り大豆(イリダイズ)は節分時によく食される豆のことで、原料は黄ダイズや青大豆、黒大豆(クロダイズ)などとなります。黒大豆は黒豆のことで、ブドウ豆とも呼びます。節分は、福は内、鬼は外と言葉で言いながら、福豆のいり大豆を撒き、撒かれた豆の中から年齢分の個数を食し、厄除けをする行事のことです。また実年齢に一つ足して余分に食すと、体が丈夫になり、風邪をひかないなどという言い伝えが残っている地域もあります。節分そのものは昔からの慣わしで、現在でも節分の時期には各お店で、節分に関連する区分が設置され、煎り豆などが並べられています。
黒大豆・いり