こめ・水稲穀粒(発芽玄米)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こめ・水稲穀粒・発芽玄米

「 こめ・水稲穀粒・発芽玄米 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、マンガン(59.14%)、次はマグネシウム(41.38%)、そして、ナイアシン(40.83%)、リン(35%)、ビタミンB1(31.82%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

こめ・水稲穀粒


発芽玄米(はつがげんまい)は、玄米を発芽させた米を指し、具体的には二日ほどかけてぬるま湯に浸し、わずかに芽が出た状態のものを発芽玄米と言います。市場に流通しているものは成長をわざと止めたもので、保存性を高めるために再乾燥などが施されています。このため、市販のものは加熱によって発芽しないこともあります。これに対し、自然乾燥させた玄米は発芽します。玄米は精白米に比較すると栄養価が高くなっており、発芽玄米の場合はさらに消化も味も良いとされます。発芽による酵素活性が発生し、胚乳内のデンプンや蛋白質が分解され、うま味を引き出します。
こめ・水稲穀粒・発芽玄米