サンマのかば焼(缶詰)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

サンマのかば焼/サンマのかば焼・缶詰

「サンマのかば焼/ 秋刀魚のかば焼・缶詰」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、11.25%含有し、225kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(491.67%:11.8μg)、次はビタミンD(218.18%:12μg)、そして、n-3系脂肪酸(166.88%:2.67g)、ナイアシン(75.83%:9.1mg)、ビタミンE(40%:2.4mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆4%
更に分析 >>

サンマのかば焼


秋刀魚は、秋刀魚科の魚を指します。細長い体は側扁し、下顎が突出した形態をとります。北太平洋に広く見られ、秋には産卵のために沿岸へ向かいます。サバやイワシと同じく、大量に漁獲され、赤身魚の仲間です。蒲焼(かばやき)は、魚を開いて中骨を除去し、串などを刺して素焼きにしたもにタレをつけて焼く魚料理を言います。タレは、味醂や砂糖、醤油、酒などを混同して作ります。原料の魚は身の長いものが多いです。たいていウナギの蒲焼のことを言いますが、秋刀魚やイワシ、ハモ、ドジョウなども利用されます。
サンマのかば焼/
別名:さいら液汁を含んだもの