八目鰻/ヤツメウナギ(干し八目)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

八目鰻/ヤツメウナギ・干しやつめ

「 八目鰻/ヤツメウナギ・干しやつめ」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、25.4%含有し、508kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(2283.33%:54.8μg)、次はn-3系脂肪酸(416.25%:6.66g)、そして、(300.95%:31.6mg)、ビタミンA(271.43%:1900μg)、(225%:1.8mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

ヤツメウナギ


ヤツメウナギは、八目鰻目に分類される脊椎動物の総称を言います。外観はうなぎによく似ていますが、目の後ろ側に七個の鰓孔があります。これが一列に並んでいるため、本来の目を含めて八目鰻と呼ばれるようになったそうです。魚としての印象を持ちますが、正しくは無顎類の生物となります。この生き物は脊椎動物のうち、顎を有する顎口類以外の動物を指します。基本的に海で生息していますが、夏に川を上って産卵するものと秋に川を上って翌年の春に産卵するタイプがあります。産卵のために川を上ってきたものが漁獲されます。日本ではカワヤツメが食用にされることが多く、かば焼きや煮込み料理などで利用されています。
ヤツメウナギ・干しやつめ