牡蠣/カキ(養殖・水煮)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

牡蠣/カキ・養殖・水煮

「 牡蠣/カキ・養殖・水煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、5.25%含有し、105kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(1000%:24μg)、次はセレン(248%:62μg)、そして、亜鉛(228.75%:18.3mg)、(180%:1.44mg)、ヨウ素(54.62%:71μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

牡蠣


カキは、イタボガキ科に分類される二枚貝類を指します。殻の形は固体によってバラバラで、多くは不規則な円盤状を形成しています。また、左側の殻で岩などに固着し、右と左でも形が異なります。牡蠣の食用歴史は古く、欧米では高級食材にされる地域もあるようです。日本と同じく生食もされています。種類は非常に多く、日本では、まがき、いたぼがき、すみのえがき、牡蠣つばた、おはぐろがき、いわがき、こけごろもなどが知られています。養殖は紀元前一世紀ごろから始まったと考えられており、その歴史も古くなっています。かきは特有の食感を持つため、一般には生食が最適と言われています。
カキ・養殖・水煮