いちじく(乾)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

いちじく・乾

「 いちじく・乾 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(59.44%)、次はカリウム(42%)、そして、銅(38.75%)、カルシウム(29.23%)、マグネシウム(23.1%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

いちじく


イチジク(無花果)は、クワ科イチジク属の落葉高木を言い、一般にはその果実を指します。漢字は、開花せずに実をつけるような外観に由来しており、映日果とも表記されます。果実は生で食べられますが、ドライフィグと呼ばれる乾燥イチジクとしても流通しています。いずれの場合も様々な用途で利用されます。水や薄い砂糖水で煮たコンポートやジャム、ワインなどの醸造用、ソースの材料、またパンやケーキなどに練りこんだり、ビスケットに挟むなどして用いられることもあります。イチジクはアラビア南部が原産地と考えられており、不老長寿の果物とも言われています。
いちじく・乾