グァバ(10%果汁入り飲料)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

グァバ・10%果汁入り飲料

「 グァバ・10%果汁入り飲料 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(9%)、次はマグネシウム(6.9%)、そして、カロリー(2.55%)、カリウム(1.4%)、銅(1.25%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

グァバ


グアバは、アメリカや東南アジアに自生する植物で、フトモモ科に分類されます。主に熱帯地域で栽培され、食用にされています。果実は直接食べられたり、食後のデザートなどに利用されています。アジアでは塩や唐辛子、梅の粉末などをふりかけて生食されます。また、ジャムやゼリーなどにも用いられています。品種ではストロベリーやマウンテン、ギニア、アップル、カットリー、コスタリカなどが知られています。色調は品種によって異なります。沖縄方面では、バンシルーやバンチュル、バンチキローなどと呼んでいます。尚、ジュースとは100%果汁入りを指すため、10%だと果汁入り飲料となります。
グァバ・10%果汁入り飲料
別名:グアバ、ばんじろう、ばんざくろ