グレープフルーツ(20%果汁入り飲料)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

グレープフルーツ・20%果汁入り飲料

「 グレープフルーツ・20%果汁入り飲料 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(8%:8mg)、次はビタミンE(3.33%:0.2mg)、そして、カロリー(1.95%:39kcal)、カリウム(1.7%:34mg)、(1.25%:0.01mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

グレープフルーツ


グレープフルーツは、ミカン科に分類されるかんきつ類の一種です。木は常緑樹であり、成長すると10メートルを超えるものも見られます。含有される成分には、フラノクマリン類があり、この種の物質には多くの場合有害性が認められます。植物によって作られる有機化合物の一つです。グレープフルーツなどの果実には、薬の相互作用が知られています。ジヒドロキシベルガモチンなどのフラノクマリン類には、特定の薬においてその代謝に影響を与えることが知られています。中でも高血圧で用いられるカルシウム拮抗剤との相互作用が有名になっています。尚、20%果汁入りの場合、商品のラベルにはジュースではなく、果汁入り飲料と表記されます。
グレープフルーツ・20%果汁入り飲料