イーストドーナツ


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

イーストドーナツ/イーストドーナッツ

「イーストドーナツ/ イーストドーナッツ」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、n-6系脂肪酸(71.25%:5.7g)、次はn-3系脂肪酸(64.38%:1.03g)、そして、ビタミンE(40%:2.4mg)、カロリー(19.3%:386kcal)、ナイアシン(18.33%:2.2mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆12%
更に分析 >>

イーストドーナツ


イーストドーナッツはその名の通り、パン生地をイーストで発酵させたドーナツの一つです。おやつや軽食として利用される傾向にありますが、劣化も早くなっています。ケーキドーナッツに比較すると揚げ油の吸収率は低くなっていますが、発酵工程が存在するため、作る作業の手間がかかります。イーストは酵母のことで一定期間栄養体が単細胞性を呈する真菌類の総称です。真核かつ単細胞性の微生物であり、細胞壁を有します。運動性と光合成の機能はなく、外部の有機物を分解して栄養吸収を行います。