はるさめ(普通・ゆで)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

はるさめ・普通はるさめ・ゆで

「 はるさめ・普通はるさめ・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、クロム(10%:1μg)、次は食物繊維(4.44%:0.8g)、そして、カロリー(4%:80kcal)、カルシウム(1.54%:10mg)、リン(1.25%:10mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

はるさめ


春雨(はるさめ)は、各種植物から採取されるデンプンを原料として製造される乾麺を言います。外観は乾燥させた葛切りに類似しますが、両者は異なる食品です。日本へは鎌倉時代頃に伝わったと言われており、当初は坐禅を基本的な修行形態とする禅宗の精進料理においてその材料の一つに使われていたそうです。春雨そのものは、およそ1000年頃から中国で作られていたと考えられています。食べ方で一般的なのは水で戻して加熱処理し、煮物や炒め物といった形態にする方法です。しかし現在では春雨の使い方も多用化されており、フカヒレの代用や油で揚げるなど様々です。
はるさめ・普通はるさめ・ゆで