豆味噌/まめみそ

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

豆みそ

「 豆みそ 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(256%)、次はナトリウム(156.08%)、そして、クロム(90%)、銅(82.5%)、セレン(76%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

豆味噌


豆味噌(まめみそ)は、主原料が大豆であり、これに塩を加えたものです。味噌の原型であり、その歴史は米味噌より古くなっています。また、赤だしはもともと豆味噌を仕立てたものですが、赤味噌汁のことを赤だしと呼ぶこともあります。豆味噌は大豆を蒸し、これを麹にして食塩水を加え、醗酵させて作ります。色が濃く、旨味も優れています。豆味噌は米の赤みそより赤黒くなっています。これは米の赤みそより熟成期間が長期に及ぶためで、原材料は蒸し大豆と豆麹です。主に食されている地域は愛知県をはじめ岐阜県美濃、三重県といった中京圏であり、特に八丁味噌が広く知られています。
豆みそ
別名:東海豆みそ