グリンピース(生)

green-peas-raw-1
  • green-peas-raw-1
  • green-peas-raw-2
  • green-peas-raw-3
  • green-peas-raw-4
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

グリンピース・生

「 グリンピース・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(260%)、次は食物繊維(42.78%)、そして、ビタミンB1(35.45%)、葉酸(31.67%)、銅(23.75%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

グリンピース


グリンピースは、豌豆の未熟な種子を食用としたもので、マメ科の野菜の種子を云います。鮮明な緑色を呈するため、シュウマイや炊き込みご飯、サラダなどに特徴づけとして利用される傾向にあります。また、炊き込みご飯や炒め物、かつ丼、和え物などの料理にも使われます。同じ緑色を示す緑豆(リョクトウ)とは異なる種類です。グリーンピースとも表記され、他に青実用エンドウやミエンドウ、青豌豆(アオエンドウ)などとも呼ばれています。多くは缶詰や冷凍食品として加工されますが、生の状態で出回るものも見られます。尚、うぐいす豆は熟した青豌豆を甘く煮詰めたものです。直接食されたり、菓子の材料としても利用されています。
グリンピース・生
別名:みえんどう