かぶ(ぬかみそ漬・葉)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

かぶ・ぬかみそ漬・葉

「 かぶ・ぬかみそ漬・葉 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンK(173.33%)、次はビタミンE(66.67%)、そして、ナトリウム(54.45%)、ビタミンC(49%)、カルシウム(43.08%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

かぶ


蕪(カブ)は、アブラナ科の植物で、漬物としてのカブでは日野菜(ひのな)が知られています。一般のカブは食用部の根に似た胚軸が丸くなっているのに対し、日野菜は細長くなっており、若干紫に染まった部分が見られます。滋賀県においては、カブの一品種として取り扱っておらず、単独の日野菜という野菜で出回っているようです。また、用途も漬物として限定される傾向にあるようで、さくら漬けや糠漬けなどの形で利用されています。発祥はこの滋賀県の日野町であり、現在では草津市などでも栽培されています。もともと夏から冬にかけて栽培されていましたが、現在では夏を除く季節でいつでも栽培することが可能になっています。
かぶ・ぬかみそ漬・葉
別名:かぶら、すずな