ごぼう(根・ゆで)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ごぼう・根・ゆで

「 ごぼう・根・ゆで 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(33.89%)、次は葉酸(25.42%)、そして、銅(20%)、マグネシウム(13.79%)、カリウム(10.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ごぼう


牛蒡(ゴボウ)は、キク科に分類される植物、もしくはその根の部分を言います。日本ではきんぴらやかき揚げなどの料理で根を食用としますが、もともと欧米では食用にされていなかったようです。近年、健康志向が普及していることからヨーロッパなどでもゴボウを食用とする傾向にあります。日本でゴボウが食べられるようになったのは、江戸時代以降のことです。含有される成分にクロロゲン酸があり、抗酸化作用があることで知られます。ポリフェノールの一種であり、コーヒーにも見られる成分です。また水溶性食物繊維のイヌリンが多く含まれており、糖の吸収を抑制することで知られます。
ごぼう・根・ゆで