莢隠元/サヤインゲン

kidney-beans-immature-raw-1
  • kidney-beans-immature-raw-1
  • kidney-beans-immature-raw-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

いんげんまめ・さやいんげん・若ざや・生

「 いんげんまめ・さやいんげん・若ざや・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(136%)、次はビタミンK(40%)、そして、葉酸(20.83%)、食物繊維(13.33%)、カリウム(13%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

莢隠元


インゲンマメは、マメ科インゲン属に分類され、原産地は中央アメリカとなります。十六世紀以降にヨーロッパへ渡り、日本へは中国からインゲン禅師が持ち帰ったと言い伝えられています。現在のインゲンマメは幕末に導入された品種が分化したもので、完熟した豆を食用にする品種と若莢を食用にする品種に分類されています。若莢用は、さやいんげんと呼ばれるもので、「尺五寸」と呼ばれる品種と大きく柔らかい「どじょういんげん」が一番多く栽培されています。これらはケンタッキーワンダーとその分化形から派生したもので、衣笠(きぬがさ)や新衣笠はその味に高い評価がなされています。また莢幅が広く平莢となる「モロッコ」や「サーベル」と言われるごく細の丸莢は1980前後に渡来しました。サヤインゲンの栄養面では良質のタンパク質と共に、カロテンなどのビタミン類が豊富に含まれています。さや用のインゲンマメは全国各地で栽培されており、千葉県、鹿児島県、福島県などが知られています。一莢は凡そ五グラム前後で、一年に数回収穫されることから三度豆とも言われています。近年の莢隠元では、筋が存在しない品種も用いられています。旬は六月から九月に掛けてが該当し、利用法は、天ぷら、浸し物、サラダ、和え物、つけあわせ、炒め物となります。
いんげんまめ・さやいんげん・若ざや・生
別名:さいとう