烏骨鶏/ウコッケイ

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

うこっけい卵・全卵・生

「 うこっけい卵・全卵・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンB12(45.83%)、次はパントテン酸(44.5%)、そして、リン(27.5%)、ビタミンB2(26.67%)、蛋白質(24%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

烏骨鶏


原産地は中国とされていて、いわゆるニワトリの仲間の一つになります。白及び黒の羽毛を持つ二種類が存在しています。羽毛はふわふわとしていて、その下に位置する皮、肉、筋肉、骨、内臓に至るまで全て黒或いは黒紫色をしているのが大きな特徴となっています。含有される栄養素は、鶏卵(けいらん)のそれとほぼ同等で、食味も大差ないとされています。改良は行われておらず、産卵数が極端に少ないため、市場へは特殊タマゴとして出回っています。味及び栄養共に鶏卵と限りなく同等とされていますが、ウコッケイの値段は高めになっています。ただ、肉及びタマゴには薬効があると言われていて、肉などは薬膳料理に用いられるケースも見受けられますが、一般には、スープなどに肉や骨を利用しています。尚、タマゴは数多くの栄養素を含んでいるため、完全栄養食品として位置づけられています。ただ、ビタミンCや食物繊維などを除いたケースになりますが、栄養面で特に注目されているのは、アミノ酸と言われるタンパク質を含有しているところにあります。これは、人間の体を構成している筋肉のアミノ酸バランスと卵白などに含有されるタンパク質を構成するアミノ酸が近いとされているからです。
うこっけい卵・全卵・生