高脂血症

高脂血症(こうしけっしょう)とは、血漿の中に含まれるコレステロールと中性脂肪が正常値を超えた場合の症状を言います。高脂血症が引き起こされる要因は幾つかありますが、体質及び遺伝の他、習慣生活によるものがほとんどです。ただし、高脂血症(コウシケッショウ)の方の約85%の方において、明確な遺伝様式は確認されていません。また、他の病気に起因して高脂血症を発症するケースも多く、とりわけ、糖尿病の症状が代表的です。 高脂血症の正常値のガイドライン以下のいずれかの数値を上下に超えると、高脂血症と診断されます。
分類:空腹時 上限 下限
コレステロール 220mg/dl  
LDL(悪玉)コレステロール 140mg/dl  
中性脂肪 150mg/dl  
HDL(善玉)コレステロール   40mg/dl
スポンサーリンク